自動車での事故に遭った状況で自分が自動車事故の被害者であるにもかかわらず向こう側が過ちを一切受諾しないケースはたくさんあります。例えば、意識的に起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて相手の自動車をぶつけられた場面などに、こういう言い合いになるケースがありそうです。かといって事故現場で自動車のみの損害され後で自覚症状が現れた時に、診てもらった病院の証拠となる診断書警察署に提出するというのは後手に回る感は否めません。それでは自動車事故の過失割合の結論にはどのような目安が決められているのでしょうか。正確に言うと警察署が結論付けるのは主として事故の大きなミスが考えられるのはどちらのドライバーかということであり「過失割合」ということではありません。もっと言えば、最終的に決定された事故の責任者が警察からはっきりする事は状況は有り得ません。そんな訳で、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの相談の結果により決定され、この事が賠償の算定のベースになる訳です。この場合、互いが任意で加入できる保険に加入していなかった時は、両者が直接やり取りを余儀なくされます。このやり取りでは、感情的な口論になる場合が多いです。まして、互いの主張が平行線をたどれば万一の場合、裁判沙汰にまで突入しますが、それは貴重な時間と裁判費用甚大な損害は避ける事が出来ません。ですからほとんど、事故に関係する当人に付随する保険の会社、こういったそれぞれの会社に一任する手立てを用い、ちょうどよい過失割合を落ち着いて結論付けさせるのです。この場合には自動車の保険の会社はそれまでに起こった自動車の事故の裁判の結果から算出した判断材料、判例タイムズ等を元に推計と交渉をして過失の割合がどうなのかを決定します。とは言え、自動車の事故の際には巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかの如何を問わず、第1に警察に連絡するのが絶対です。その後で、自動車の保険会社に連絡をして交渉を頼むのが順序になります。この順序さえ把握しておけば建設的でない交渉となるケースを回避できるに違いありません。

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.