「スプレッド」とはFX取引は通貨を売買して利益を生む商取引です。買ったり売ったりの値段はいつも上がったり下がったりします。それが為替レートです。インターネットを見ていると為替の情報が流れる場合があります。例としてあげると、「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを言い表しています。売買には買値と売値の価格が存在する事を示しています。売値、買値の事を別の言い方で表示する取引会社もあったりします。一般的に売値が小さく設定されています。自分が買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差額をスプレッドといい、FX会社の収益のひとつといわれています。スプレッドの狭さは会社によって異なります。スプレッドの差はみなさんにとって費用になるので小さい取引会社を選択したほうが儲けられます。ただ、同じFX会社でも場面によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。例としていつもはドル円のペアでたった1銭のスプレッド幅だとしてもレートの上下がかなり激しい場合には1銭よりも大きくなったりします。という訳で、スプレッドが低いのと同様に、変化しないということが大事です。この頃では固定したスプレッドの差を示す取引会社もたくさんあったりします。現実に取引会社の売り買い画面上で実際の為替レートを見て確認しなければ判別できないのでやっかいですが、とても大事な事です。大切なお金を投資して売買するわけですから本当のエントリーの前に心惹かれたFX会社の新規取引口座開設を試して、提示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。同じ通貨ペアでもそのときの相場の状況によって、外貨のスプレッドの幅は変わります。おおむね、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドの幅が狭く、別のペアではスプレッド幅が広くなるのが一般的です。

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.