キャッシングした時、返済自体をする時には利子を上乗せした返金になるのは知っていると思います。カード会社は営利を狙いとした企業ですから当然です。とはいえお金を返す方は、1円でも少なく払いたいと考えるのが心中でしょう。利息制限法が施行される一世代前は、年30%近い利子を支払っていましたが、施行後は高額でも年18%位ととっても低く定められていますので、かなりお得になったと思います。最近のローンキャッシングの利率枠は4%位から18%位の幅に決められていて、使用可能額により設定されます。利用限度額は申込み本人の与信によって決定します。総量制限により年収の1/3までと定められていますので、年収がどれほどあるのか?どんな職業なのか?カードローンの使用履歴はどうなのか?等が審査され与信限度額としてキャッシングの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各社でサービスは一様ではありません)と広い枠があります。そしてその範囲の中で定めた利用できる額により利率も決まるのです。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった具合になるでしょう。要するに信用が高評価であれば、貸付可能金額も高くなり、利子も低くなるというわけです。この金利に疑念を覚えるのは私だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、これらの事実は当たり前なのでしょうが、年の収入の多い人がキャッシングローンが必要とは思えませんし、もしキャッシングサービスを利用したとしても金利が高かろうが低かろうが、支払いに悩む事はないと思います。むしろ年収の低い人は即座に必要だから融資を受けるという人がほとんどです。利息が悪いと支払いに苦しむようになるはずです。このため可能範囲の良くない人こそ低利率で活用できるようにすべきです。この考えは活用する自分が置かれている立場としての考えです。これらを考慮すると、利子を安くする為にはどうすれば良いのか何となく感じたでしょう。事実、これから述べる方法で、手続きを申し込む人が大勢いるので紹介しますと、カードローンの申請をする場合、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みの手続きをするのです。年収600万円なら200万円。申込みのキャッシング審査で満額通ればその分金利が良いカードを持つことができると思います。と言ってMAXギリギリまで利用しなければならないという事はありません。5万円でも40万円でも必要な金額だけ利用可能です。そのうえ上限利用可能額が300万円で最低利息年率7%位のローン企業もあるのです。そちらを申し込めばその企業の最低利子で返済できるようになります。どう感じましたか?見方次第で低利息のクレジットカードを手にすることが出来るのです。自分の年収とカード会社の金利を照らし合わせて、調査さえ怠らなければ、より良い条件でお金の借入れができるので、きちんと確認するようにする必要があります。

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.