特定調停という方法も任意整理による解決と同じくそれらの債権者へ債務の返済を継続していくことを前もって決めた債務を整理する手だてのことです。他の表現でいうなら裁判所が関係する借金整理と考えればいいでしょう。この特定調停という方法も任意整理による処理と同じく自己破産手続きと異なり特定の負債だけをまとめることになりますので他の連帯保証人が付く負債額以外だけで手続きする場合や自動車ローンを別として処理していく場合などでも用いることが可能ですし、全ての財産を手放してしまうことが求められていないため貴金属や住宅などの資産を所有していて、処分したくない状況でも有力な選択肢になる債務整理の方法になります。しかし、手続き後返済する額と実際としての収入を検討して、返済が見通せるようである場合は手続きを取るほうが良いですが破産宣告と異なり借金そのものが消えてしまうのではありませんので、元金の金額がだいぶある状況では、残念ながら手続きを踏むのは困難であるということになります。あと、公的機関が中に入るため弁護士などのプロに関わってもらわなくてもリスクが増える心配はないということや手続きのコストを節約できるという点は良いのですが債権者からの催促に対して自ら処理することになる点に加え、裁判所に何度か出頭する手間がかかるなどの覚えておきたい点もあります。さらには、任意整理による処理との比較になりますが、調停が終わる段階で和解が成立しないときには借入利息をそのままの計算で振り込んでいかなければいけない点やあとから見ればお金の貸し手に返していく額が任意整理による方法よりも増えてしまうことがあるという注意点もあります。

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.