今日は為替取引というもののベーシックな要因に携わる説明です。

為替相場とは何かというと「直接金の送らない場合でも資金授受の意図を成し遂げるやり取り」を言います。

概ね為替市場というと大体外国の為替の事を指すというケースが大半です。

国際為替はお金の交換をする事です。

外国旅行(イギリス、台湾、マレーシア、)などしたことがあるならば、きっと外国為替の取引の経験があると思います。

銀行の窓口にて他国のお金に取り替えをするのであれば外国の為替になると思います。

為替の市場を簡潔にいうと、買う人と売ろうと思っている人の値を示したものです。

銀行間のやり取りによって確定されるものです。

その銀行というのはマーケットメイカーと言う世界のたくさんの銀行なのです。

為替の相場は様々な働きかけを受けながらもなお引き続き時間とともに変わります。

相場を変動させて行く要因としては、ファンダメンタルズが言われます。

ファンダメンタルズの意味とは経済の流れ、経済のベースや条件のことを表すものです。

それぞれの国の経済成長率や景気状態、物価の指数、金融緩和政策、国際収支、有力者の一言等の要素が作用して為替レートは変わって行きます。

貿易収支や失業者数は重要ポイントと言われます。

国際収支というのは、日本の中では財務省の命令で日本銀行が貿易の統計を叩き台として作成した国外とのある期間の経済取引を記録したものです。

貿易収支は中央省庁や日銀のホームページの中で確認することができます。

労働者の統計、失業者の割合も重要視されるケースが多い要素であります。

特に米国労働者の統計はポイントとなります。

月ごとに公示され、調査の内容が幅広い点が特色です。

為替相場の推移は景気の変化なのであります。

景気の推移を知ることにより為替レートの変動推測ができるようになると言えます。

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.