特定調停も任意整理による手続きと変わりなく、それぞれ債権を有する者に対して借金の支払いを続けることを選択する債務の整理の選択肢です。75-13-57

わかりやすくいうなら裁判所が処理する借金の整理となります。75-20-57

特定調停による方法も任意整理による処理と似ていて破産とは違って特定の借金のみを処理していくことになるので他に連帯保証人が関与している負債額を除き処理していく際や自動車ローンを除き検討する際などにおいても使用することもできますし築き上げてきた資産を放棄してしまう必要がありませんので、クルマや住宅などの自分名義の資産を所有していて放棄してしまいたくない場合でも活用できる借金整理の手続きです。75-15-57

いっぽうで、これからの返済に必要な額と実際としての収入を比較し適度に返済の計画が立つようであれば特定調停による方法を選択することは可能ですが破産宣告のように負債そのものが消滅するというわけではありませんので、元金の総額が巨額な場合においては、実際にこの選択をするのは困難であると考えるのが無難でしょう。75-5-57

それから、この手順は裁判所という機関が間に入ってくるので司法書士等に依頼しなくても立場が弱くなってしまうようなことにはならないということとか手続きの費用を減らせるというポイントは注目できますが債権者からの催促に対して債務者本人が処理していくことになる点とか文字通り裁判所に幾度も足を運ぶことが求められる等の要素もあります。75-19-57

くわえて、任意整理による手続きとの比較点ですが最終的に和解に達しないような場合は金利をすべて含めた計画で返済していかなければならないという点やあとから見ればそれら債務者に対して支払っていく総額が任意による整理に対して増えることがあるなどの点もあります。75-6-57

自律神経失調症 動悸 治す75-10-5775-14-5775-11-57

Copyright © 2002 www.theponyexpress.org All Rights Reserved.
75-7-57 75-8-57 75-9-57